見上げてごらん、夜空の星を

登录后开始标记
  • 想玩0
  • 在玩0
  • 玩过0
  • 放弃0
  • 0 人
  • 0 人
「この列車は宙をゆく銀河鉄道天文台!
   太陽系を征服しても、我ら三人の旅はまだまだ終わらない」
    どこへでも行けるって思ってた。  宇宙の謎を全て解き明かすことだって、手を伸ばせば あの星を掴むことだってできる、そう思ってた――
    子供の頃、幼なじみたちと毎晩のように星を観ていた宙見暁斗。  天体望遠鏡の先に浮かぶ無数の光に、胸を躍らせていた。
  それはまるで、銀河を旅するような日々だった。
    だがしかし、成長した暁斗は “星を観ない天文部員” と呼ばれるようになっていた。  やめてしまったのだ、夜空を見上げることを。
    そんな彼のもとに、“むつらぼしの会” への参加要請が届く。  暁斗は誘いを断るべく会へ足を運ぶが、そこで思いがけない再会をする。
  そこには、どこか遠くへ引っ越していったはずの幼なじみ・箒星ひかり  がいたのだ。
    いつも傍にいてくれた、もう一人の幼なじみ・天ノ川沙夜 。  むつらぼしの会 復活を望む他校の先輩・白鳥織姫 。
  そして、暁斗を慕う後輩・日下部ころな 。
    別れと再会、新しい出逢いを経て、再び夜空を見上げるようになった暁斗は取り戻していく。  もう二度と戻らないと思っていた、大切な想いの数々を。
  そして知っていく。 未だ出逢ったことのなかった 特別な夜 を。    「さあ、銀河の謎を解き明かすべく、次なる目的地へ向かおう!」     仲間たちと宙を見上げ、星々を巡りゆく青春の日々が、また始まる。

标签

登录之后方可添加标签哦

收藏

添加收藏 共有 0 个目录收藏了本词条

评论 查看全部评论

暂无评论