• 类型 日常系学園ADV

恋愛教室

登录后开始标记
  • 想玩0
  • 在玩0
  • 玩过0
  • 放弃0
  • 0 人
  • 0 人
「はああっ……!」
ため息とも気合の注入とも取れそうな、そんな複雑な呼吸を教室の前で繰り返すひとりの男の子がいた。 ぎこちない動きに、いくぶんか緊張が見て取れる。
そして彼はぶんぶんと細かく何度か頭を振り回すと、意を決したように勢いよく扉を開け放った。
「おは――」 「あーっ、うわさの月島君きたきた!」 「うそっ、どこどこ!?」 さっそく、まるで珍獣でも発見したかのような扱いを受けてしまう彼。 しかしそれに対してリアクションを示す暇もなく――
「おはようございます♪」 「チィーッス!」 「月島様、ごきげんよう」 「月島先輩おはようございますっ」
「やあ、おはよう」 「んー……おはよ……」 「グッモーニンじゃ、おにーちゃん☆」 「は、はうっ……!」 ――と、こんな感じで一定の距離を保ちつつも、クラスの女子たちが次々と集まってくる。 そう、月島と呼ばれた彼は紛れもなくこのクラスにおける珍獣なのだ。
昨年まで女子校だったことを考えれば、ノイズや異分子と言い換えてもいい。
……え? うらやましい? いやいや、とんでもない!
「ふんっ……ハーレムのつもりかしら?」 「死ねばいいのに」 「はは…… 参ったな」 (昨日の第一印象が悪すぎたのだろうか?) そんなことを彼は苦笑いしつつ、脳裏で思い悩む。
結果的に彼という物珍しい存在は、この教室の学生たちを 3つの勢力に切り分けていた。
推進派、穏健派、そして保守派へと。
「さ、HRはじめるわよ〜?」 「やばっ」 「じゃあね、月島君♪」 「ごきげんよう」 教室に入ってきた先生の鶴の一声で、野次馬気分のクラスメイトたちが各々の席へと足早に戻っていく。 「きり〜つ」 ――とくん、とくん。 まだ少し、胸の鼓動が激しい。 身体の芯のあたりが、わずかに熱い。
彼はしばしの間、自分の胸に手を当て…… そして微かに笑う。
「礼〜」 委員長の号令で、今日もこうして学園生活が始まる。 まだ慣れない……昨日から始まった、この新しい日常。 新しい教室。 新しいクラスメイトたち。
もしかしたらこの鼓動は、これから始まる無限の可能性を感じてのことかもしれない――。

标签

登录之后方可添加标签哦

收藏

添加收藏 共有 0 个目录收藏了本词条

评论 查看全部评论