乙女騎士♥いますぐ私を抱きしめて

登录后开始标记
  • 想玩0
  • 在玩0
  • 玩过0
  • 放弃0
  • 0 人
  • 0 人
「はあ……」

なんでこんなことになってしまったのか。
名前は桐谷綾斗。物心ついたときからドイツに住んでいる。
俺には双子の姉がいて、名前は桐谷沙綾という。

姉さんは昔から日本にあこがれていて、いつか日本の学園に通うのが夢だった。
だから、その日本へ留学できるかもしれないという話が出たときは、
弟の俺もそれにつき合って、姉さんが留学できるようにサポートした。

だから姉さんの留学が決まった時は嬉しかった。
だけど……。

「綾斗くん、ごめんね……」

姉さんは病に倒れた。もともと病弱だったのに、無理をしたからだ。
幸い、命に関わるものでは無かったけれども、全快にはしばらく要するという。

俺は悔しかった、本当に悔しかった。
このままでは留学が取り消しになってしまう。

だから、俺は決心した。
姉さんの体調が戻るまで、姉さんのふりをして俺が日本の学園に通う、と。
そこまではよかった、でも、よく考えたら――。

「この学園ってお嬢様学園じゃないか!」

そう、姉さんが留学しようとしていたのは、女子だらけお嬢様学園。
そこへ俺は女装して通わなければならなかった。

慣れない土地で、周りはどこを見ても、お嬢様、女の子、お嬢様!
男子禁制の女の花園に通うことになった俺――いや、私はいったいどうすれば!?

「ハンターってなに!? ディアナ祭? 私はラビット?」

鎧を身にまとった女の子同士が剣戟を散らし、私を奪い合うって、これどうなってるの!?
こうして姉に扮した私の、波乱の留学生活ははじまったのだった。

「正体バレなきゃいいけど……はあ」

标签

登录之后方可添加标签哦

收藏

添加收藏 共有 0 个目录收藏了本词条

评论 查看全部评论

暂无评论