• 类型 終末に立ち向かうプレッパーズADV
脚本
原画

缶詰少女ノ終末世界

登录后开始标记
  • 想玩0
  • 在玩0
  • 玩过0
  • 放弃0
  • 0 人
  • 0 人
初夏の豪雨の日。
コンビニに逃げ込んだ 小海雅孝  はイートインで、雨が止むのを待っていた。

ふと気づくと、隣の席に女の子がいた。
彼女が持っていたのは、ジュースでも、ホットスナックでもなくて、鯖の味噌煮の缶詰だった。
しかも、その缶詰を開けて食べだしたのだ。
女の子が!コンビニの!イートインで!鯖の味噌煮の缶詰を!食べるッ!
しかも、女の子は鯖の味噌煮の缶詰を食べると、まだ激しく雨が降り続ける外へと平然と出て行ったのだ。

エキセントリックな行動に心を奪われた 雅孝  は、彼女と再会した時に質問をする。
「どうして、鯖の味噌煮の缶詰を食べたの?」

彼女は答える。
「しゅ、終末の準備の為なんです」
彼女は続ける!
「いつくるかわからないから、週末に備えておく必要があると思うんです」
彼女はさらに続ける!
「あっ、あの終末ってまだ来てないけど、週末のことを書いた作品はたくさんあって。
 そういうのを読んだり見たりして、発見したんです」
彼女は何を発見したのか?
「『少女終末旅行』にも『北斗の拳』にもありましたし『マッドマックス2』でも。『ザ・ウォーカー』にもありました。
 それと『ザ・ロード』と『終末のフール』と『終わりの街の終わり』と『超プロレスファン列伝でも!
 『最終兵器彼女』…あれ?あれはインスタントラーメン?』」
落ち着け!
「『ひとめあなたに…』はどうだったかな?
 あっ『ポストマン』と『塩の街』はですね、絶対にあると思っていたのになかったんです。
 ない系ですね、はい」
いや、だから何があったりなかったりするんだ!?
「缶詰を食べるシーンです。
 終末になると、缶詰を食べるみたいなんです。だっ、だから、その…。
 終末の準備のために、缶詰を食べる練習をしておこうと思ったんです」
終末の準備のために缶詰を食べる?
「はっ、はい!終末の準備をしている人は世界中にたくさんいるんです。
 そういう人々のことをプレッパーズというんです」

――プレッパーズ。終末を見つめる人々。

これはプレッパーズとなった少年少女達が、終末に立ち向かう物語である。

标签

登录之后方可添加标签哦

收藏

添加收藏 共有 0 个目录收藏了本词条

评论 查看全部评论

暂无评论