• 读音 ふうま ゆら
  • 性别

風魔 ゆら

【猫忍えくすはーと】
風魔の里からやってきた忍び姉妹の姉。 猫の亜人。
忍道を尊び春希に忠誠を誓っているが、天然で隙も多い。
失敗してもめげない、若干はた迷惑な前向きキャラ。
弱点は尻尾とナデナデ。
毅然としたところを見せて主様に褒めていただきたいと思いながらも、徹底できない甘えっ子。
自称・体術タイプの忍者で、忍法は苦手。

「この風魔ゆら!
 約定に従い本日これより、ハルキ殿に忠の限りを尽くさせていただきます!」

【猫忍えくすはーと2】
春希に仕えている猫耳忍者。
年こそ若いがれっきとした風魔の上忍で、無類の頑張り屋さん(全て自称)。
押しかけ女房的に、現在は春希の家で暮らしている。
春希の忍びであることに誇りを感じていて、お役に立ちたくて仕方ない。
身辺警護的な意味でも春希の傍を片時も離れたくないし、自慢の可愛さで癒やして差し上げたい。
要するに天下無双の甘えんぼ。
春希がマヤを構う様子には忸怩たるものを感じているようで……?

「ハルキ殿?いい子いい子がまだでござるぞ」

【猫忍えくすはーと3】
体感的にはだいぶ前に春希の元にやってきた風魔の猫耳忍者。
共通の障壁や困難はお互いの愛をますます堅固なものにする的なあれで、
鋼鉄の忠誠心にも磨きがかかってきた(自称)。
一方で、里見勢とは相変わらずケンカばかり。
春希への愛やご寵愛に関しては、誰にも譲れないのは相変わらず。
陽葵たちへの態度は、今のところ決めかねている様子。

「ハルキ殿!?明日は拙者と一緒に朝から晩まで昼寝したり、イチャイチャする約束でござろう」